カテゴリの管理

カテゴリの管理、メインカテゴリとサブカテゴリで個々のツリーを構築することができます。

これらの異なるカテゴリは、例えば、視覚的にユーザの権限を識別しまたは定義することができる。

の文書のこの仮想フォルダは、それらが表示されるのと同じ時間内に1つまたは複数のカテゴリに割り当てることができた後に.



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


自由に選択可能なカテゴリ (サブ機能 1 の 7)

あなたは自由にカテゴリツリーを編集し、あなたのニーズに適応し、カテゴリはまた、追加の機能を割り当てることができますすることができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カテゴリの最大数 (サブ機能 2 の 7)

これは、管理することができますRealify PaperOffice™ DMS異なるカテゴリの最大数です。

Starter-エディション
50
Basic-エディション
200
Business-エディション
500
Corporate-エディション
無制限の


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カテゴリを管理します (サブ機能 3 の 7)

A-Z、数字の配列、または月〜12月のように、メインとサブカテゴリーだけでなく、自動カテゴリを作成し、名前を変更し、カレンダーの管理で自由にあなたのカテゴリを管理します。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


視覚的にカテゴリを特徴づけます (サブ機能 4 の 7)

より良いビューのカラフルなアイコン、または個々のテーマにした個々のカテゴリを提供します。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


各カテゴリのユーザー権限を定義します。 (サブ機能 5 の 7)

ここでは、ユーザーが特定のカテゴリ、誰へのアクセスをしていない持って作成されたRealify PaperOffice™ DMSのどの設定することができます。ユーザーが自動的にアクセス指定されなかったために、このカテゴリでは、消えます。

Starter-エディションBasic-エディション利用可能なからBusinessのエディション


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カテゴリにデフォルトの連絡先を割り当てます (サブ機能 6 の 7)

文書と仮想フォルダが自動的にすぐにそれが特定のカテゴリに割り当てられているように、以前に確立された連絡先Realify PaperOffice™ DMSのいずれかを使用して、このオプション(ドキュメントフォルダへのリンク)に関連付けることができます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


既存の構造カテゴリのインポート/エクスポート (サブ機能 7 の 7)

かかわらず、不動産や自動車のかどうか、投与、Realify PaperOffice™ DMSはすでに簡単な構造にインポートすることができるカテゴリの構造を作成し提供しています。または、別のインストールRealify PaperOffice™ DMSに既存の構造をエクスポートすることができます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能

このモジュールは、総7のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る