ドキュメントフォルダ(表示リスト)

ドキュメントフォルダ一覧では、例えば、すべてのドキュメントフォルダを、一覧表示されます、ビュー - 管理者に決定した、ライブ、キーワードによって発見され、ドキュメントフォルダを一覧表示するためのRealifyPaperOfficeの主な指標である.

あなたはドキュメントフォルダの一覧を絞り込む広範な、グループに表示するか、リストを印刷する必要があるすべてのドキュメントフォルダを見つけることができます。

さらに、あなたは、フィールドには、例えば、リストに表示されたりするドキュメントフォルダを指定することができますフィールドの順序を変更します。

コンテキストメニューから選択したドキュメントフォルダのクイックアクションが絶対最大処理速度を最大化します。



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


リストをフィルタ (サブ機能 1 の 10)

現在のフォルダの一覧に表示されたフォルダ内のすべての文書は、文書が文書と表示されたフォルダの数を制限するために広範囲にフィルタリングすることができます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能

関数のリストを表示します

フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


グループ化されたリスト (サブ機能 2 の 10)

ドキュメントフォルダの一覧で表示されているすべてのドキュメントフォルダが広く表示された文書フォルダの数を狭くするグループ化することができます。

すべてのエディションで利用可能

関数のリストを表示します

フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


フィールドを選択します (サブ機能 3 の 10)

あなたは、ドキュメントフォルダの一覧に表示されたフィールドを、選択することができます。このように特定のフィールドは、オンとオフを切り替えることができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


リストを印刷 (サブ機能 4 の 10)

統合された印刷プレビューでプリントアウトすることができ、現在のドキュメントのフォルダリストのリストを作成します。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ユーザー定義フィールドの統合 (サブ機能 5 の 10)

あなたはドキュメントのフォルダにカスタムフィールドを作成した場合、彼らは文書のフォルダリストに動的に表示することができます。ドキュメントフォルダのリストが自動的にそれらが現在のカテゴリ内で使用可能であるかどうかを利用できるユーザ定義フィールドの数を認識するだけでなく、。

Starter-エディションBasic-エディション利用可能なからBusinessのエディション


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カスタマイズ可能なレイアウト (サブ機能 6 の 10)

もちろん、それぞれのフィールドの順序と幅を調整することができ、完全にカスタマイズされたリストを取得するには、自由に保存しました。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


視覚的識別 (サブ機能 7 の 10)

視覚マーキングや色がドキュメントフォルダリストに直接転送され、ディスプレイは個別に調整ドキュメントフォルダに定義されている。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダのオブジェクトの分割 (サブ機能 8 の 10)

ドキュメントフォルダが表示され、すでに個々のオブジェクト内のドキュメントフォルダのリストに分割させることができます。この目的のために使用されるメニュー·ツリーは、オブジェクトがドキュメントフォルダに提示し、マウスによって、関連するオブジェクトはFlipViewで直接クリックし表示され、一目で既にです。バージョン管理オブジェクトがあっても、さまざまなバージョンのタイプにリスト表示されます。

Starter-エディションBasic-エディションBusiness-エディションexklusiv nur in Corporate-Edition vorhanden


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


FlipView内のマルチプレビュー (サブ機能 9 の 10)

一度複数のドキュメントフォルダがマークされているので、選択したすべてのドキュメントフォルダのプレビューがFlipViewに読み込まれて表示されます。だから、さまざまなドキュメントフォルダから特定の項目を迅速かつ簡単に表示することができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


Realify RapidEdit技術とコンテキストメニュー(RET) (サブ機能 10 の 10)

すべての頻繁に使用されるドキュメントフォルダの操作は、簡単なコンテキストメニューから右クリックでアクセスできます。インテリジェントRealify RapidEdit技術(RET Realify)は、それによって指定されたすべての要件が最新の状態に維持されることを保証します。

すべてのエディションで利用可能

関数のリストを表示します
このモジュールは、総10のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る