仮想ドキュメントフォルダ(プロパティマネジメント)

オブジェクト管理は、中央制御要素で、ドキュメントフォルダに実質快適に任意のフォーマットで、ほぼすべてのソースオブジェクトからファイルやドキュメントを保存します。

各追加されたアイテムが表示され、プレビューとして直接記載されています。

新しいオブジェクトを作成し、直接挿入することができ、例えば、高速スキャナ、ハードディスクドライブまたはネットワークと新しいOfficeファイルで、追加することができます。

また、複数のドキュメントフォルダとの間の論理リンクを実現することができる。



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


オブジェクトとして直接タブ (サブ機能 1 の 11)

すべての新しく追加されたファイルやドキュメントがオブジェクトとして追加され、現在のドキュメントフォルダに格納するために最適化されています。 だから、ファイルやドキュメントのすべての異なる種類が追加され、同時に管理することができます。 あなたは、関連するDHLの船積みの受信とデジタル画像と請求書がありますか? あなたは全体のプロセスを保存して、集中しているように

ドキュメントフォルダ内のすべての情報を保存します。 Realify PaperOffice™ DMS版に応じてドキュメントフォルダあたりの最大オブジェクトの異なる数がサポートされています。

3
Starter-エディション
3
Basic-エディション
8
Business-エディション
15
Corporate-エディション
30


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


FileOCRmax™による自動処理 (サブ機能 2 の 11)

ドキュメントフォルダに追加されたオブジェクトやインターネットリンクのすべての新しいを直ちにFileOCRmax™で保存した後に処理されます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


サムネイルと直接プレビュー (サブ機能 3 の 11)

ドキュメントフォルダにあるすべてのオブジェクトがリストされているか、FlipViewまたは詳細リストとして選択的に表示されます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


スキャナから追加
(サブ機能 4 の 11)

携帯電話やタブレットから、例えば、写真のスキャンをドキュメントフォルダの紙文書でScanConnect上で快適に挿入しますか。新しいスキャンした文書をすぐにドキュメントフォルダに挿入されています。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ハードディスクやネットワークからファイルを挿入 (サブ機能 5 の 11)

ここでは、ドキュメントフォルダ内のローカルハードドライブまたはネットワークから任意のファイルを追加することができます。個々のファイルまたはフォルダ全体を読み取ることができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


新しいOfficeドキュメントを作成します。 (サブ機能 6 の 11)

でも、新しいOfficeドキュメントをOfficeConnect経由で簡単に作成し、現在のドキュメントフォルダに作成した直後に挿入することができます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ファイルリンク (サブ機能 7 の 11)

これはRealify PaperOffice™ DMSに格納されるべきではないだけでなく、ドキュメントフォルダに表示されるように製造外部ファイル、に可能な論理リンクになります。ここでは、この外部ファイルへのパスは、論理的に結合され、対応するプレビューが生成される。このファイルのリンクが開いたら、リンクされたファイルはRealify PaperOffice™ DMSの郊外に位置する、開かれる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


フォルダのショートカット (サブ機能 8 の 11)

これはRealify PaperOffice™ DMSに格納されているべきではありませんが、文書のフォルダに表示されるべき外部のフォルダへの論理リンクを作成することが可能になります。ここでは、この外部のフォルダへのパスは、論理的に結合されています。このフォルダのリンクが開かれると、Realify PaperOffice™ DMSの外側に配置されているリンクされたフォルダを開きます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


インターネットショートカット (サブ機能 9 の 11)

ドキュメントフォルダに任意のウェブサイトとのリンクを追加します。そのオブジェクト上の1つクリックして、目的のWebサイトを開きます。それも、プレビューとしてウェブサイトのスクリーンショットを挿入することができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントのフォルダへのリンク (サブ機能 10 の 11)

別のドキュメントのウォレットに論理リンクを追加します。このプロパティをクリックすると、関連するターゲットドキュメントフォルダを開きます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


Realify RapidEdit技術とコンテキストメニュー(RET) (サブ機能 11 の 11)

一般的に使用されるすべてのオブジェクトのアクションは、コンテキストメニューから簡単な右クリックで到達することができます。インテリジェントRealify RapidEdit技術(RET Realify)は、それによって指定されたすべての要件が最新の状態に維持されることを保証します。

すべてのエディションで利用可能

関数のリストを表示します
このモジュールは、総11のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る