Exchange

RealifyPaperOfficeExchangeについて、RealifyPaperOfficeに格納する必要がありますどのような種類の文書は、広範囲に保存する前に編集すること。

必要な情報のこの処理と決意した後RealifyPaperOfficeの簡単なマウスクリック文書で渡すことができます。

これは、原理的には迅速なインデックスとRealifyPaperOfficeでRealifyPaperOfficeインポートモジュールとストレージ間のようにインターフェイスを担当しています。



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


インポートモジュールでの統合 (サブ機能 1 の 10)

Realify PaperOffice™ DMS Exchangeは、他のインポートモジュールバリアフリーと相互作用します。

すべてのエディションで利用可能

関数のリストを表示します

フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


柔軟なストレージ (サブ機能 2 の 10)

あなたが保存される新しいオブジェクトは、既存の仮想文書フォルダ、またはそれがRealify PaperOffice™ DMS収集トレイに追加する必要があるかどうかを追加する必要があるかどうか、新しい仮想文書フォルダに保存するかどうかを指定することができる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


自動オブジェクトの指定 (サブ機能 3 の 10)

保存された文書のファイル名が自動的に抽出され、記憶のためにオブジェクト名として使用されます。このファイル名は、文書フォルダ名として提案されています。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カテゴリー化 (サブ機能 4 の 10)

これは、新しい仮想ドキュメントフォルダに関連付けるどのカテゴリ、決定することができます。あなたも、対話の交換中にExchangeのダイアログを再読み込み、その後Realify PaperOffice™ DMS内カテゴリ構造を編集することができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


直接更新 (サブ機能 5 の 10)

あなたが存在しないカテゴリを持つ新しいドキュメントフォルダに新しいオブジェクトを追加し、提供したいですか?ただ、Realify PaperOffice™ DMSに切り替え、Exchangeのダイアログを開いたまま、カテゴリ管理に必要な変更を行い、カテゴリ選択でリロードボタンのExchangeダイアログボックスでクリックします。新しい作成したカテゴリが使用可能です。同じことがまた、ドキュメントフォルダで動作します。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダの種類 (サブ機能 6 の 10)

あなたはドキュメントで新しいフォルダを作成する場合は、ダイアログExchangeで定義することができ、また、それをインストールする文書とフォルダの種類であっても。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


文書とフォルダの日 (サブ機能 7 の 10)

あなたはドキュメントで新しいフォルダを作成した場合でも、ドキュメントの日付は、あなたが、それをダイアログExchangeに定義し、インストールすることができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


書類番号 (サブ機能 8 の 10)

あなたはドキュメントで新しいフォルダを作成する場合は、ダイアログExchangeに定義し、それをインストールすることができ、ドキュメントの偶数。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


連絡先と割り当て (サブ機能 9 の 10)

あなたは文書1以上の接点を持つ新しいフォルダを割り当てることができます。同時に、ExchangeはOutlookの連絡先へのアクセス権を持っており、それらを使用することができます。

Starter-エディションBasic-エディション利用可能なからBusinessのエディション


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


統合Exchangeアクション (サブ機能 10 の 10)

あなたは、Exchangeカテゴリ内のドキュメントとフォルダの種類をあなたのオブジェクトを割り当て、それを命名したら、別の目的をどう処理するかを決定することができます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能

関数のリストを表示します
このモジュールは、総10のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る