ScanConnect

ここでは、仮想スキャンなどのハードディスクから読み込む紙文書や画像ファイルをスキャンする中心的なツールです。

スキャンした後、統合されたツールを使用してスキャンした文書を編集することができます。

そして、彼らは、仮想ドキュメントフォルダ内の所望の形式で名前を付けて保存することができます。

は、事実上すべての市販のスキャナ、両面スキャン、ならびに自動原稿送り装置をサポートしています。



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


スキャンプロファイルの管理 (サブ機能 1 の 22)

素早くアクセスするための多くのスキャンプロファイルを定義することができます。それらはいつでもスキャンが、時間と労力を節約している繰り返しの場合には、プロファイル選択ボックスで利用できます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


豊富なスキャナのサポート (サブ機能 2 の 22)

ScanConnectはほぼすべての標準的なWIA互換性スキャナやTWAINをサポートしています。サポートされているデバイスのリストを常にLiveUpdateを構築し、最適化された既存のデバイスを使用して更新される。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ディレクトリからファイルをインポートする (サブ機能 3 の 22)

このオプションを使用するとファイルがディレクトリから直接インポートすることができます。したがって、例えば、フォトスキャンを容易に携帯電話またはタブレットで読み取ることができ、広範囲にスキャン文書として処理されます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カラーモードと品質 (サブ機能 4 の 22)

スキャンは、カラーモード、SWモードまたはグレーモードで行うことができます。 96DPIから600dpiのスキャナの解像度が利用できます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


自動的にエッジをカット (サブ機能 5 の 22)

ScanConnectは、スキャン文書のエッジを識別し、スキャン後に自動的にそれらを削除しようとしました。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


自動的にスキャンページをカスタマイズする (サブ機能 6 の 22)

文書が逆さまにスキャンされるか、スキャンが大差で行われた場合ScanConnectは、ページを修正しようとしています。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


空白ページを無視 (サブ機能 7 の 22)

空白のページのスキャンが自動的にスタックをスキャンした後に除去。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


両面スキャナのサポート (サブ機能 8 の 22)

両面スキャナ用両面スキャンが完全にサポートされています。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


自動原稿送り装置のサポート (サブ機能 9 の 22)

ADF組成物(自動原稿送り)と一緒にスキャンが完全にサポートされています。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


順次スキャン (サブ機能 10 の 22)

あなたは別のものをスキャンする場合は、このモードは、スキャンされた各ページの後に必要とされる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


オリジナルソフトウェアのサポート (サブ機能 11 の 22)

必要に応じて、スキャン処理は、元のメーカーのソフトウェアを介して行うことができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


モード」ページの別の側面をスキャン" (サブ機能 12 の 22)

また、両面をスキャンすることができます。 ADFを介してスキャンしたページの前側のすべての後に、裏面にスタックを配置し、選択して "ページの裏面をスキャンします。」奇数番号が自動的に正しいシーケンスを得るためにソートされるように、スタックは、現在、スキャンされたページをスキャンする。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ソートモード走査 (サブ機能 13 の 22)

直接スキャン後に、ここでスキャンしたページのサムネイルが表示されます。これらは容易に順にソートまたは削除することができる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


領域を消去 (サブ機能 14 の 22)

あなたが意図的にスキャンの特定のセクションを削除し、こうしてそれらを判読不能にすることができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ストレージトレイに直接スキャン文書をコピーします (サブ機能 15 の 22)

この機能を使用して、個々のページをスキャン意図PDFの文書のRealify PaperOffice™ DMSを格納するためのトレイにコピーすることができる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ダイナミックドキュメントのタイトル (サブ機能 16 の 22)

いずれかまたはすべてのドキュメントのページを動的に命名することができる。さらに、各文書ページの個々のノートのために保存することができる。としてマーク複数のスキャン文書を選択するには、Shiftキーを押しながらキーまたはCtrlキーを単一のスキャン文書と。ドキュメント名は、これだけに適用される。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ストレージフォーマット (サブ機能 17 の 22)

スキャンした紙文書は、PDF / A、TIFF、JPGやBMPなどの別のファイル形式で保存することができる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カラー設定 (サブ機能 18 の 22)

例えば、「白黒」、「カラー」、「グレースケール」、「セピア」などの個々の色の設定を割り当てることができますスキャンした紙文書のそれぞれに。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


自動回転 (サブ機能 19 の 22)

スキャン文書は「270度回転」、「180度回転」、「自動」「90度回転」として正しいページ位置を取得するために手動または自動で回転させることができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


インテリジェントスキャンの最適化 (サブ機能 20 の 22)

スキャン文書は自動的にそのような「自動削除クルー」、「自動輝度」、「大きな強度」、「ビッグフィールド」、「効果をぼかし」、「Embiss効果などのインテリジェント機能を、最適化することができる。」

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ライブプレビューを使用した自動スキャン処理 (サブ機能 21 の 22)

スキャン文書へのすべての編集や改良がリアルタイムプレビューで表示されており、常にリセットすることができます。これは、明るさやコントラスト、またはサポートされている保存形式の圧縮などの操作が含まれています。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


Realify PaperOffice™ DMSに格納するために自由に選択可能なファイル形式 (サブ機能 22 の 22)

すべての文書は、スキャン処理、最適化されたまたは修正された後、最終的にドキュメントが仮想フォルダ文書に格納されなければならないかを決定することが可能である。

すべてのエディションで利用可能

関数のリストを表示します
このモジュールは、総22のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る