仮想ドキュメントフォルダ(基本機能)

仮想ドキュメントフォルダはRealifyPaperOfficeの中心的記憶素子であり、最良の情報収集容器などの透明封筒またはぶら下げフォルダーや行為と比較されます。

あなたは、キーワードを入れて再提出するために入れて、ユーザー権限で提供連絡先には、リンクを一緒に属し、その後、分類どの仮想ドキュメントフォルダのすべてに保存することができます。

仮想ドキュメントフォルダがアーカイブに保存され、アーカイブがRealifyPaperOfficeデータベース内の順番に格納されます。



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


分類します (サブ機能 1 の 11)

あなたは、同時にカテゴリのドキュメントフォルダ1または無制限の数に割り当てることができます。ドキュメントフォルダは一度だけ存在しますが、選択したカテゴリに応じとして複数回表示されることがあります。カテゴリは、カテゴリ管理で投与されます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


カラー識別 (サブ機能 2 の 11)

各文書フォルダに色がこのようによって識別するための特定の色を割り当てることができます。ドキュメントフォルダ名は、ドキュメントフォルダの一覧で、この色で表示されます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントのフォルダ名 (サブ機能 3 の 11)

ドキュメントフォルダ名を自由に選択することができます。さらに、インテリジェントシステムは同様に、既に作成したドキュメントフォルダを認識し、適切な名前の提案を提供します。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


オリジナルのファイリング (サブ機能 4 の 11)

あなたは、元の文書を保存した場所ここでは、指定することができます。記憶領域原稿は原稿の格納場所の管理において投与することができる。また、例えば、また、ストレージのその場所からオリジナルを削除する必要がある文書をフォルダを削除の場合に通知されますすぐに適切な元のドキュメントを検索したりします。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダの種類 (サブ機能 5 の 11)

各ドキュメントフォルダにプライマリとセカンダリのドキュメントフォルダのタイプを割り当てることができます。ディスプレイマネージャにフィルタリングすることができ、これらのドキュメントフォルダの種類に応じて、例えば、請求書のみを表示します。文書フォルダの種類が作成され、自由に投与することができます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


文書とフォルダの日 (サブ機能 6 の 11)

直接文書とフォルダにドキュメントのフォルダの日付を選択します。 Managerのマッピングは、昨年5月に作成された文書にのみ、これらのフォルダを指定するには、例えば、これらの日付に絞り込むことができる。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


書類番号 (サブ機能 7 の 11)

あなたは、例えば、後に直接に堆積し、それぞれの文書番号をダウンロードすることができますその後、高度な検索で検索してください。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


和と税金 (サブ機能 8 の 11)

ドキュメントフォルダにネットと総額とそれぞれの税率を堆積させることができました。これは、ドキュメントフォルダのリストで選択したフォルダの量を計算することができます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントのフォルダに注意してください。 (サブ機能 9 の 11)

任意のドキュメントフォルダにメモ、ヒントや作業指示書を保存することができます。ドキュメントフォルダが表示されると、これらは自動的に、仮想ポストイットのように表示されます。

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダのプレビューへの統合 (サブ機能 10 の 11)

ドキュメントフォルダのプレビューへの統合:これは、「ノートを堆積」タブで拡張し、すべてのドキュメントフォルダノートをプレビューでそのように直接提供されます

すべてのエディションで利用可能


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダの状態 (サブ機能 11 の 11)

文書と各フォルダには、状態ステータスを提供することができる。状態の状態に関するデータが大幅に内部のワークフローを簡素化した文書とフォルダの一覧に表示されます。

Starter-エディションBasicのエディションから入手可能

このモジュールは、総11のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る