仮想ドキュメントフォルダ(安全|履歴)

正確にユーザーがドキュメントを含むフォルダへのアクセスの種類を持っているセキュリティ、アクセス、およびユーザー設定のための確立された設定に加えて、そこに設定することができます。

また、ドキュメントを含むフォルダは、さらに、パスワードで保護することができる。

文書と話題のリスト全体のフォルダがあり、内容を変更することについての情報を保持します。



フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダのアクセス許可 (サブ機能 1 の 3)

ここでは、またRealify PaperOffice™ DMSのユーザーがこのドキュメントフォルダにどのようなアクセス権を持っている必要があり、既存のアクセス許可の設定に指定することができます。 (削除、書き込み、フルコントロールを読む)

Starter-エディションBasic-エディション利用可能なからBusinessのエディション


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


履歴ドキュメントフォルダ (サブ機能 2 の 3)

ここでは、時系列順に何時にユーザーがドキュメントやフォルダの内容を変更したもの、例えば、項目の追加や削除が示された。

Starter-エディションBasic-エディション利用可能なからBusinessのエディション


フルスクリーン

ビューを最大化するためにクリック


ドキュメントフォルダのパスワード保護 (サブ機能 3 の 3)

フォルダの文書は、さらに、パスワードを提供することができる。情報へのアクセスを提供 - 適切な投与があれば、あなたは、事前に設定したパスワードが要求したドキュメントのフォルダを開くと。

Starter-エディションBasic-エディション利用可能なからBusinessのエディション

このモジュールは、総3のサブ機能を備えて
リクエストアドバイス
プレゼンテーションをリクエスト
ニュースレター
特別にあなたの質問に準備専門アドバイザーができるだけ早くあなたを呼び出しますPaperOffice。
Realifyコンサルタントは、あなたのPC上または事前に設定され、デモシステム上の任意のあなたに私たちのRealify PaperOffice™ DMS 2015を示しています - 便利なインターネット経由。
ニュースレターを通じて通知され、排他的なオファーやプロモーションを取得すること


© Copyright 2004-2015 Realify Systems, All rights reserved
製品に関するアドバイス (0049 69 3487662 60) 受注や予定 (0049 69 3487662 60) パートナープログラムの相談 (0049 69 3487662 60)
Language IDs zeigen/nicht zeigen
の認可されたオンラインストアへようこそ
トップに戻る